焦って間違ったケアをしてはダメ

ニキビ跡が残ってしまうと本当になかなか治らないし、しかもかなり目立つのでコンプレックスのように感じてしまって気持ちも沈んでしまうものです。

短期間で治らないのは分かっていても、ついつい焦ってしまってすぐに治す方法は無いかと考えてしまいますよね。

でも間違ったニキビ跡ケアは百害あって一利なしです。

ピーリングのやり過ぎやアフターケアの間違い、紫外線対策をしない、睡眠不足などの乱れた生活習慣などを放置しておくと、よくなるどころか悪化してしまいます。

ニキビ跡は、ニキビによって出来てしまった炎症の残りや傷、それらが色素沈着を起こしたものなので、すぐに治らなくても仕方ないものです。

傷んだ細胞が健康に生まれ変わるまでには時間がかかって当然です。

正しい方法でケアをしたり生活習慣を改善することで、その治りを早くするように促進すうことはできます。

治りを早くするためのケアですから、何かを頑張ってもすぐにニキビ跡が消えるということはありません。

逆に悪化させてしまうような間違ったケアをすれば、傷がひどくなるのと同じことなので、クレーター状になった生残ってしまうようなこともあるわけです。

焦るよりも、まずは正しいケアをすることが大切なのです。

複雑な要因をトータルケアし続けることが必要

ニキビ跡のケアの仕方には苦戦をしていますが、私なりに頑張っています。

効果を感じることが出来る方法もわかりつつありますし、少しでもニキビ跡を薄くするために色々とやっていきたいです。

ニキビ跡になってしまったからといって諦めたりすることなく、スキンケアは毎日しっかりとしています。

保湿をしっかりとするようにして、肌をふっくらとさせて、ニキビ跡を目立たなくしています。

普段は化粧で上手くニキビ跡を隠していますが、ニキビ跡自体を無くしたいです。

美白をしてニキビ跡の赤みを取るようにしたり、肌にいいサプリメントを飲んで肌を生まれ変わらせるようにしたりと、ニキビ跡に効果のありそうな対策方法はいくらでもあります。

肌が凹んでしまっているので改善を目指すのは大変なのですが、確実にニキビ跡が目立たなっては来ているので地道に頑張っていって、時間がどれだけかかってもいいので今よりも少しでも綺麗に見える肌になれるといいと思っています。

ニキビ跡のケアが難しいのは、ニキビそのものがいろいろな肌のトラブルが複合的に絡んでいるために、これをやればいい、という風に1つに絞れないところですね。

でも焦って炎症を悪化させてしまわないようにピーリングを行うなら適度な回数に止め、アフターケアもしっかり行いましょう。

紫外線にあたるとニキビ跡が色素沈着をおこしてシミになりますので紫外線対策もしっかりしましょう。

生活習慣の乱れは肌のターンオーバーを乱し、肌荒れを招きますので、健康的な生活習慣を心掛けることも必要です。

クリニックで治療を受けても、それだけですぐに解決するものでもなく、普段の自宅でのセルフケアの重要性は変わりません。

お肌の正しい知識とニキビ跡をしっかりと理解することで、できるだけ早く治すように努力し続けることが大切です。

今すぐに治したい気持ちに負けないように

ニキビ跡ができてしまうと、どうしてもスッピンに自信が持てなくなってしまうため、今すぐに治したいという気持ちが強くなりますよね。

そのため、ニキビそのものをつぶしてしまったり、跡をすぐに治すために氷で冷やすという本当に効果があるかどうかも分からないような噂を信じてやってしまいがちです。

しかし、本当に必要なのはニキビによって損傷した肌をしっかりと治すこと、つまり体の細胞が再生する必要があるため、小手先の方法では治らないのです。

よって、すぐに治せるようなよくわからないテクニックではなく、しっかりと肌を健康な状態にするために必要なケアや生活習慣を数ヶ月単位で続けなければならないのです。

とはいっても、今すでに目立ってしまっているニキビ跡を皆に見られるのは辛いと言う方は、ファンデーションのように顔全体に塗るようなものではなく、スポット的に使えるコンシーラーがいいでしょう。

コンシーラーの中には毛穴を詰まらせにくくなっているニキビようのものがあるので、ニキビの悪化が心配な方も安心して使えると思います。

根本的に奇麗な肌にすることは大切ですが、悪化させないように注意しつつ、人に見られることが余計なストレスにならないように、できる限りナチュラルに隠しながら、根本的な解決のためのケアをしていくといいと思います。

メニュー