間違った情報でニキビが悪化

ニキビ跡が残ってしまった原因は、お手入れ不足と間違えた知識によるお手入れだと思います。

高校に入ってから頬にニキビが出始め、ニキビの跡も残るようになりました。

また、そのころには化粧も始めていたのにも関わらず、ケアはほとんどしませんでした。石鹸による洗顔か、気が向いたらクレンジングも併用するなど、クレンジングと洗顔の違いも分かっていませんでした。

なので、不衛生な肌の状態に更に化粧を重ねていたので、ニキビも治りませんでした。

雑誌に載っていたニキビの治療法が正しいと思い、ニキビが出来ると潰していました。

なので、ニキビが炎症を起こして赤くなったりして悪化してニキビ跡として残してしまい、高校ではいつも頬の周りが黒かったのを覚えています。

きっかけはその頬の黒ずみが気になったことです。

化粧で重ねて誤魔化していましたが、厚塗りになっていくだけで、一向に治りませんでした。

ニキビの悪化を防ぐことが第一

残ってしまったニキビ跡のケアは確かに大切ですが、一番重要なのは「ニキビができても潰さないこと」です。

特に赤く炎症を起こしたニキビは、ちょっと触れただけでも悪化しやすい状態なので、潰したりすると治るどころか多くの場合、跡になってしまうので潰すのは絶対にやめましょう。


参考リンク:赤ニキビは潰すと早く治るなんて嘘!潰した時は跡にならないよう対処


そして、ニキビ跡のケア方法として色々な方法を試しましたが、まずはニキビ専用の美容液で、化粧の上からでも塗れる様な簡単なものから初めて見ました。

出来てしまったニキビが炎症するのを防いでくれたので、ニキビ跡が新しく出来にくくなりました。

最も効果が見られたのは、専門家によるニキビの知識を教えてもらい普段のスキンケアの方法を教えてもらえたことでした。

自分の持っている知識が浅すぎたので、クレンジングや洗顔をしっかりと使い清潔なお肌を保つことはもちろん、ニキビ跡のケアはニキビのケアとは少し異なり、シミやソバカスなどと同じ方法でケアをしなければならないことを始めて知りました。

なので日ごろのケアに、ビタミンC誘導体の入った美容液を使うようになったり、日焼け止めを年中塗るようにしました。時間に余裕があれば、美白効果のあるパックなども一緒に使っていました。

今ではスッピンでもわからないくらいになりました

正しい方法でのスキンケアと、ビタミンC誘導体を含んだ美容液によるお手入れで、5年以上悩み続けていたニキビ跡が徐々に薄くなってきて、1ヶ月ほどのケアでメイクでも隠せるようになりました。

今までは、美容液や乳液などが入った総合ファンデーションの上から、パウダーファンデーションを重ね、それでも見えてしまうものはコンシーラーを使って隠していましたが、クリームファンデーションのみで隠せるほど薄くなりました。

さらにケアを続けていると、化粧をしなくても分からない程度に落ち着きました。

なので化粧の時間も極端に短くなり、友人にも褒められるようになりました。

日焼け止めの効果も出ているのか、肌全体のくすみが目立たなくなり、透明感のある肌に近づけました。

今でも、ニキビの出来にくい環境を作り、跡が残らないように気をつけています。

メニュー