ニキビ跡はピーリングで肌を再生

顔にできてしまったニキビをしっかりと消せずに、放っておいてもいつかは治るだろうといういい加減なことをしていたら、いつの間にかニキビ跡になってしまっていました。

ニキビ跡はターンオーバーが滞っていることによって、傷ついた細胞が再生していないのが治らない原因だと聞いて、強制的にターンオーバーを早めるピーリングを実施しました。

エステでケミカルピーリングをやってニキビ跡はほとんどなくなりました。

ただ、1年ぐらい通い続けたと思います。

自宅でもケアはオルビスのニキビケアシリーズがとてもよかったです。化粧水もヒリヒリすることなく、肌にやさしい使い心地でとっても良かったです。

また、ピーリングの効果を無駄にしないためにも、普段は外に出ないときはできるだけファンデーションなどぬらずに過ごす。

夏場などのUV対策が必要な時期には、赤ちゃんでも使用可能な日焼け止めだけ使いました。。

ニキビ跡に日が当たると余計シミや跡が濃くなる気がするので、日焼け止めはつけるようにしていましたが、ピーリングをすると一時的に肌が刺激対して弱くなるために、できるだけ刺激の無いものの方がいいと考えたのです。

背中のニキビ跡にも効果的

また、ニキビは顔だけでなく背中にもできてしまっていました。

そのため、背中にもなかなか治らない跡ができてしまい、夏場などの肌を露出するシーズンになると、なるべく隠すような服しか切れないし、プールなども恥ずかしくて行くことが出来ず、本当にイヤでした。

背中ニキビよく言われるのは、髪の毛を洗うときにシャンプーやリンスがなるべくつかないよう気を付ける(つまり、洗髪後に身体を洗う)、また背中につけるニキビ専用のローションなどを購入したり、色々と気を付けてはきましたが、全く治りませんでした。
しかも背中のニキビ跡は顔にできるニキビとは異なり、一度できると完全に消えるまでに数か月かかったりもします。

 結局、一番効果があったのは、背中のケミカルピーリング+イオン導入をしてくれるサロンに定期的に通うことでした。

1回1万数千円くらいかかりましたが、最低月1回、最初は月2回くらいのペースで通い、1年もするとすっかりきれいに治りました。

新たなニキビもできにくくなりました。ピーリングをしていることで毛穴の詰まりなども改善するのでニキビに対する予防効果も絶大です。

できればこういった専門のサロンに通う方がピーリング効果も強いので良いと思いますが、ピーリング効果のある石鹸なども売っているので、自宅ではそういう石鹸を使ってみるのも良いと思います。

メニュー